お骨になってから。

   

いろんな事情で葬儀ができず、火葬だけを行う方は少なくありません。

時々、そのような方から後日、ご相談を受けます。

「葬儀は出来なかったけど、やはり戒名だけはつけたいんです」

そのような方のご要望も、しっかりお話しを聞き可能であれば受け入れております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、日蓮宗の方の法号の依頼を受け、つけていただきました。

葬儀ができず、お骨になってしまってから供養について色々考えたのだそうです。

当社では、僧侶を職業とするのではなく、弔う、供養するという事をしっかり考え

ご相談にのっていただける僧侶の方々にたくさん協力していただいてます。

いつでもご相談いただければと思います。

 - スタッフブログ