いろんな相談を。

   

先日、80歳代ぐらいの男性が訪ねてきました。

「遠い親戚が亡くなったので、香典をおくりたいのですが、それにお手紙をつけるのにどのような文面がいいのか、例文などありますか?」

との事でした。

特に例文を普段から用意していることはないのですが、「お時間いただけたら、調べて用意しましょうか?」

とお答えしました。

「明日、また伺うのでお願いしていいですか?」

と話され、とりあえず2種類ほど用意させていただきました。

普通の手紙でも、書き慣れていないと書き出しなど悩みますよね、ましてや特別な文面だとスラスラと書けるわけはないです。

私も、このお仕事に携わってから何度も書きますがそれでも毎回しっかり調べます。

 

このように、お葬儀の相談や依頼だけではなく、それに付随した事柄、なんでもご相談いただければ嬉しく思います。

気軽にお寄りいただける場所を目指しています。(*^_^*)

 

 - スタッフブログ